本気で転職を考えているか

まず、転職を考えてる方へ

転職するのであれば、自分で自分のことをどう思っているのか?を一度きちんと整理すべきでしょう。
なぜ自分は転職したいのかを全て紙に書きだしてみるなどの方法があります。

転職は、今の立場を捨てて、新しい会社で1からやり直すことになるのです。
当然、給料も下がるケースが多くなっています。

具体的な転職活動を始める前に、現在の会社に対して不満があれば、その理由も考えてみましょう。

例えば、がんばっているのに上司が評価してくれなくストレスが溜まるから転職したい、営業成績はトップだったのに、希望していない部署に異動しまった人もいるかもしれません。

希望に満ちた次の転職先が決まっていても、すくなからず人間関係の問題はあるものです。
自分が抱えている不満は、深刻なものかを客観的に考えてましょう。

それでも、転職したいというのであれば、真剣に転職活動を始めましょう。

転職をするからには

今でこそ転職という言葉は、よく使われるようになりましたが、少し前までは、良いイメージの言葉ではなかったのです。
会社に就職し、定年まで会社のために一生勤める、といった日本式の考え方があり、年齢に応じて年功序列的に給料が上がっていく会社がほとんどでした。

現在では、終身雇用の会社員だけでなく、リストラなど予期せぬ転職を迫られる人も多くなってきており、転職に対する企業のイメージも悪いものではなくなってきました。

高い目標を掲げ、自分のやりたいことが明確に見え、転職している人は、良いイメージを持たれますが、目的もなく転職を繰り返している人は「長続きしない人」と判断され、書類選考の段階で落とされることも多くっているようです。

自分の人生の目標を実現するために、努力をし納得のいく転職をしましょう。
「転職が上手くいかなかったら今の会社でいいし」と、どっちつかずの状態で転職活動をする人は良い結果にはならないことが多いです。転職をするには、本気でベストを尽くしましょう!