私の適職診断:2012年07月20日

どちらかと言えば、定年のほうが近い私ではありますが、
今の職が本当に適職なのかと不安に思ったことが今まで何度もありました。
結論から言えば、適職だと思っています。
このようなことを考える人にとって適職診断はひとつの指針になり、
考えるきっかけを作ってくれます。
大抵の場合、なにかしらの理由から転職を考える際、適職診断を試みます。
自分がどのような潜在能力を秘めているかを発見し、
何が短所なのかを自覚することで新しい自分を見つけようとする試みだからです。
適職診断にはいろいろな方法があると思いますが、
複数の選択肢から一つを選び、またその先の選択肢から一つを選ぶという方法は、
子供のころに雑誌にのっていた占い同様たのしんでできますし、
この楽しんでいるという状況が逆に自然の結果を導き出してくれます。
適職診断を行うことで、自分自身に自信がもて、
新しい職業への挑戦意力がでてくるだけでなく、
今の職業であっても新しいチャレンジをしようと思う気持ちが出てきます。

過去の記事

ブログを始めて見た