おさえておきたい転職の流れ

■STEP1 情報収集
<この段階でやるべきこと>
  • 自己分析・転職理由を考える。
  • 希望条件をあらい出し、優先順位をつける。
  • 転職スケジュールをたてる。
  • リクナビなどの求人サイトに登録し、求人を見る。
  • 応募先をきめる。
<アドバイス> 転職理由や希望職種がみつからないときは、「キャリアの棚卸し」をしてみましょう。
「これまでの仕事を振り返り、喜びを感じたとき」を思い出してみると、適職が浮かびやすいです。
■STEP2 応募書類作成
<この段階でやるべきこと>
  • 職務経歴書・履歴書を作成。
  • 応募した会社の資料を保存しておく。
<アドバイス> STEP1と同じく、職務経歴書を作成する前に、「キャリアの棚卸し」で自分がアピールできることを書き出してみましょう。
職務経歴書では、志望職種に役立つスキルを中心に記入します。
どの企業にどんな志望動機で応募したのかは面接で必要なので応募書類は保存しておきましょう。
■STEP3 面接を受ける
<この段階でやるべきこと>
  • ホームページなどで応募先の情報をできるかぎりチェックする。
  • 自己PRを整理する。
  • 志望動機・退職理由をまとめる。
<アドバイス> 急に面接に呼ばれてもいいように、常に身だしなみを整えておきましょう。
面接で、志望動機、退職理由は必ず聞かれるので、ネガティブな動機でないように整理しておこう。
■STEP4 前職場を退職し、新しい会社へ
<この段階でやるべきこと>
  • 退職日を決め、上司に退職届を提出。
  • 後任者に引き継ぎをし、取引先に退職を伝える。
  • 年金、保険など、手続きを完了させる。
<アドバイス> 退職が決まったら現在の会社の就業規則を読み、退職に関する事項を確認しましょう。
上司や同僚に迷惑をかけずにすみますし、退職の報告は早めに行いましょう。。