転職支援サービス・企業を種類別に分類し紹介

現在では多くの転職支援サービス・企業がありますが、行っているサービスはそれぞれ違いがあります。
種類別に分類し紹介します。

また、転職支援サービスを利用しても費用は一切かかりません。
求人を出す企業側が人材を採用できた段階で、転職支援会社に成功報酬を支払う仕組みになってます。

■エージェント型(人材紹介会社)
専任のアドバイザーが付き、1対1で相談に応じ、転職希望者の希望やキャリアを判断し、「転職相談」「応募書類添削」「求人紹介」「年収の交渉」「面接アドバイス」などを行ってくれます。
アドバイザーの呼び方は、会社により異なり、「コンサルタント」「エージェント」「カウンセラー」などと呼ぶところもあります。エージェントを通してのみ求人募集を行っている会社も多く、非公開求人情報を扱っている会社が多いのもこのエージェント型の特徴となっています。リクルートエージェントやパソナキャリアなどが有名です。
■求人紹介型
求人募集をしている企業をネットで簡単に検索できるサービスを求人紹介型といいます。
世間一般で「転職サイト」と呼ばれています。
転職サイトには、中途採用(正社員や契約社員など)を行っている会社の求人・採用情報以外にも企業情報が詳しく掲載されています。
職種、スキル、雇用形態、勤務地、年収などからインターネットならではの自分の好きな条件から検索可能で、
希望の会社が見つけて自分で直接応募できます。多くの場合スカウトサービスも利用できます。
イーキャリアやリクナビNEXTなどが有名です。
■スカウト型
履歴書、職務経歴書など自分の経歴・キャリア情報を公開して、それを見た企業や紹介会社からのアプローチを待ちます。
自分のキャリアが転職市場でどう評価されるのか調べたい人に向いています。
イーキャリアFAなどが有名です。
■ヘッドハンティング型
ヘッドハンティング会社が独自に、企業が必要としている人材を探しだしアプローチを行います。
ヘッドハンティング会社からのみのアプローチになりますので、求職者が、転職の際に利用することは少なくなっています。