自己分析って必要?

納得いく転職をするためには、自分自身を客観的に判断し、面接官よりも自分に詳しくなりましょう。
自己分析とは、面接時に役立つだけでなく、転職活動を通してのエネルギーにも関わります。

最初は、面接でも絶対に聞かれる「どうして転職するのか?」という部分です。
今自分がいる業種に不満があるのなら、違う業種への転職をするべきです。
業種自体に不満はないが、今の会社での人間関係が不満であれば、同業種への転職が能力を活かせるかもしれません。
転職理由を明確にすることで、転職希望先を絞りやすくなるでしょう。

業務として、何をやりたいかということも分析する必要があります。
自分の能力や性格、向き不向きを総合的に判断して考えましょう。
専門的な技術を求められる職種では、やる気だけでは採用はきびしいですし、採用されても周りの人に追いつくのが大変になるでしょう。

希望する仕事の内容も把握しておくことが、転職を失敗をしにくくするためポイントです。

自分にあった仕事とは?

転職の成功は、自分にあった仕事に就くことでもあります。
すなわち、自分の一番やりたい仕事、適職です。

適職を探しながら、転職したい会社が見つかるというのが理想の形ではないでしょうか。
自分にあった仕事ということですから、昔から絵ばかり描いてきた人にとっては画家、音楽活動を続けてきている人には音楽家といった職業が適職であるべきでしょう。自分がやりたいことを仕事にするのは、自身も楽しく、やりがいがあって想像するだけでも楽しくなりますね。

しかしながら、転職を繰り返している人の多くは、仕事がうまくいかないと「自分にはもっと向いている仕事がある」と、短期間で転職を繰り返してしまいがちなのです。
転職回数が多くなると、癖がついてしまい、希望している職業を目指すことも難しくなってしまいます。